障害者を雇用することに対する難しさ

さて 今回は 障害者を雇用することに対する

難しさ これから就労に焦点を合わせて行きたいので!

あえて この問題をとりあげてみました。


私が 16年同じ会社で働いていて思ったことは

会社ってのは、変化を嫌うし、

トップダウンでの指示でない限り 劇的に変わることはない

私が勤めているのは いわゆる大企業なので

本当に 色々な手順があってめんどくさいし

日々 維持管理

その代わり、コンプライアンス遵守に関しては

ものすごくしっかりしていたりします

なので 障害者雇用もきちんと行っています

ただ その人たちと周りの人でうまくいっているか?というと微妙な感じです。

人事もちゃんと面談をしてやっています

実際 障害者ではなくても 

心を病んで長期に休む人に

心無いことを周りは言います

それは その病気がどういうものかわかっていないし、休んだ人の仕事が 自分たちに回って

自分たちが忙しくなるから ということからです

障害者を雇用することでも

どうやって接していいのかわからない

ちゃんと仕事ができるの?という

不安があるかと思います。

まず 障害のことを理解してもらうことや

障害者に配慮した職場の環境作りが必要になります

障害者を雇用する場合 

施設を整備するということも

ありますが、人のケアも大切です。

障害者当事者というよりは 

それをとりまく人たち

一緒に仕事をする人たちです

私は 発達障害に関わってきて思うことは

環境が整えば 

障害だと思っていたことが障害ではなくなります

身体障害者の方も 

自分の体に合った環境があれば

そこで普通に働けます

それと同じことです

一緒に働く人 周りの人が障害を理解し

一緒に働くことでストレスを感じないようにする

これが肝のような気がします

周りがわかってくれる環境であれば

当事者の人たちも安心して仕事ができます。

周りの人からどう思われている

ってことを当事者の人達は とても気にします

これから 発達障害という目に見えない障害を

持った人たちの就労に関して 

こういう支援は必要だと思います

目に見えないから障害がわからない

コミュニケーションがうまくいかない

自分の言いたいことが伝えられない など

就労支援という形で 

支援員が当事者と会社の橋渡しを

してくれるかもしれません

でも それは当事者さんのケアだけです

それだけではなく 周りの人へのケアがなければ

せっかく 働き始めても 当事者さんとの関係で

色々 問題が起こりがちです

まずは 発達障害の理解から始めてみませんか

今 会社にいる従業員さんで 

なんだか話が通じない 普通がわからない

仕事が失敗しがち

そういう人が 発達障害かもしれません

その人自身にも 自覚がなくて

どうしてうまくいかないのか 悩んでいるかもしれません

そういうときにも 役に立つことだと思います。

0回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon